\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

カツオとざるラーメンを組み合わせたら意外と旨かった! 新メニュー提案

みんさん、お刺身食べてますか?

5月に入りました。日中も暑くなってきたりしています。

この時期のお刺身といったらなんといってもカツオですね。

目に青葉山ホトトギス初鰹

この時期なると必ずこの句を思い出します。

松尾芭蕉と同門で親交もあった山口素堂という人が読んだ句です。

そしてこの新緑の季節に太平洋側のカツオが黒潮にのって北へ向かうのです。

さて今回はお刺身をどうやっておいしく食べるかというテーマをご案内したいと思います。

タイトルにも既に入っているのでお分かりかと思いますがリッキーはいつもお刺身のかわった食べ方ないか探しています。

別に目的があるわけでもないですが、ただの刺身好きとしてわさび醤油意外でおいしく食べられないものか探しているのです。

もちろんお刺身はわさび醤油で食べるのも好きですし、それが一番おいしいと思っています。

しかし、仕事柄というのもあるのかもしれませんが常に新しいテイストを求めてしまうのです。

そんな中で今回、というか去年から狙っていた新メニューを紹介したいと思います。

その前に昨今のカツオの取り扱い状況を見てみましょう。

北陸では5月くらいから生ガツオ店先に並びます。

冒頭でも述べたように5月ごろになるとカツオが気になり出します。

太平洋側の方はもっと先からカツオが売られたり、食べる機会があったりすると思います。冷凍カツオもあるので年間を通して食べられているのかと思います。

リッキーの住んでいる日本海北陸ではブリ、フクラギが強い分、カツオを食べる習慣がなかなかないようです。

もちろん、一本物の生がつおも市場にも流通していますし、冷凍物もあり食べれらないわけではないですが、が一般の人の食卓の上るというのはやはり5月くらいからなのです。

なので5月ごろから生ガツオもようやくスーパーや鮮魚店の店先に並ぶだりします。

ただ、昨今のアニサキスの問題で本当の生のカツオは扱われなくなったような気がします。

実際生カツオのアニサキス被害は結構多いと思います。サバやイワシ以上かもしれないので注意が必要です。

代わりに活躍するのがこんな冷凍商材です。

もっちりカツオ

これはこれでおいしいしアニサキスの心配がほぼないと言えるのでリッキーはこの商品をよく使います。

冷凍のカツオスライスをどうおいしく食べるか!

そんなこともあってこういった冷凍の刺身スライスをどうおいしく食べるかということに頭を悩ませるのです。

生ガツオなら素材だけでおいしく食べられるのですがこういった冷凍商材は何か一工夫した方がおいしいと思うのです。

もちろん、生姜醤油で食べたり、紅葉おろしとポン酢というスタンダードな食べ方でもおいしいし、みなさんももう既にされていると思います。

これはこれでおいしいのですがなんかもっとおいしい食べ方がないのか考えます。

鯨のときに成功したごま油とお塩のレバ刺し風もおいしいかもしれません。

またサラダ風にして青しそドレッシンかわさびドレッシングで食べてもおいしいと思います。

刺身を美味しくしてくれるドレッシング・タレおすすめ5選+1

しかし、もう少しインパクトのあるレシピというかメニューはないのか?と考えるのです。

そんなことを考えいるとき、たまたm実家に帰省していた新潟見附の原信さんで買い物していたときにこれは!というコラボを考えつきました。

それがタイトルのカツオざるラーメンです。

カツオとざるラーメンってなんでって感じですよね。

なので、実際にカツオスライスとざるラーメンを買って両者を組み合わせて食べてみることにしました!

それがこれです!

カツオざるラーメン さかなのさオリジナルメニュー登場!!!

すみません、笑わないでください!

リッキーも思わず苦笑してしまいましたがいたってマジメです。

少し黄色いざるラーメンの麺の色がいいでしょう!

それとカツオの深紅の赤色がコラボしてこれはこれで美味しそうでしょう。

それぞれで食べてもおいしいでしょうね。

既製品と既製品をコラボさせただけですがどうでしょう。いい感じでしょう。

それぞれにこだわってオリジナルメニューとすることもできると思います。

みなさんは、袋タイプのざるラーメンでやってみた方がいいような気がします。

実際に食べてみたら驚きの結果が!

実際に食べてみました。

そうしたらこれがメチャクチャおいしいのです!

ラーメンのかん水の風味とカツオの風味が絶妙な味わいを醸し出してくれるのです。

それといい仕事してくれるのがおろしニンニクでした。

このざるラーメンのタレのせいもあると思いますが非常においしいものです。

夏の暑さに疲れた身体を胃の中からヒエヒエにしてくれて、おろしニンニクでスタミナアップという感じでとってもいいです。

さっぱりとしながら物足りなさがないというかしっかり食べた感が出るのです。

非常に意外なおいしさでありなんか新しい夏のメニュー見つけた!という喜びのような感情が芽生えました。

既製品の組み合わせだけでこんなおいしいのできちゃったってどうしようって感じです。

刺身スライスをざるラーメンに乗せるだけですからメチャクチャ簡単です。

ということでみなさんも挑戦してみてください。

で、カツオざるラーメンがこれだけおいしいなら、マグロでやったらどうだろうということで今度はマグロざるラーメンを作ってみることにしました。

今度はマグロスライスでやってみました!

いわゆるバチマグロのスライスです。

夕方遅かったので値引きしてありました。色を見てもキレイなので問題なし。

バチマグロは比較的身が赤いのでやはりバチマグロの方がいいですね。

キハダやビンチョウは色が薄いのでここではあまりオススメしません。

ここで本マグロは使おうと思いません。本マグロはそのまま食べたいかな。

実家で料理するのが面倒なのでこれを使っています。

ご家庭では袋タイプの方でやってほしいです。

原信さんでいつも売っているようです。別に似たようなものでいいと思います。

前回カツオざるラーメンの時もこれを使ったような気がします。

ほぐし水がついていてありがたいです。

リッキー濃い味が好きなのと面倒臭いので麺を全部タレにつけちゃいます。

で、食べてみると、

ん〜、、、なんとなく前に食べたカツオの方がおいしかったかもしれません。

まずくはないんですがなんかインパクトがないのかな。

マグロなのでおろしニンニクもどうなのかと思います。

結果、やっぱりカツオざるラーメン方がおいしい!ということになるようです。

まあ、どちらも黄色い麺に赤い刺身というのはおいしそうには見えるのかなと思います。

新メニューを考える悩みは思っている上につらいものです!

たまにならメニューを考えるのも楽しいかもしれません。

しかしながら頻繁になると結構つらいものがあります。

メニューが同じものだと必ず空きが来るので売り上げが落ちてしまいます。

なので海鮮居酒屋などの飲食業界の人たちは毎年、毎月、メニューを考えなければならないのです。

それはそれで一苦労です。

なので余裕のあるところはコンサルタントなどに依頼するのです。

さかなのさでも間接的ではありますがシーフードのエンターティナーとしていろんな食材の開発をしてきました。

スーパーなどの量販店のメニューや海鮮居酒屋の新メニューの開発など過去に手がけているのです。

ただ引き出しは多いのですがなかなかそれを公開する機会知ってもらう機会が今までありませんでした。

この「さかなのさ」ブログもおかげさまで最近ではいろいろみなさんからの問い合わせいただいたりしていろんなお役に立てるようになってきています。

一定の企業や業界筋の人も見ていただけるようになってきました。

そんな意味で微力ではありますがみなさんのお役に立てればと思うようになりました。

なのでこれからも少しづつではありますがシーフードの新メニューをこの場で公開していきたいと思います。

そしてこれをみた企業が新メニューとして使っていただいてもかまわないと思っています。

新メニュー開発の悩みを解決できたらいいだけですから。

特に生魚、刺身に関してはどれだけでも引き出しは持っているのでどんどん紹介していくつもりです。

というのも、リッキーの場合は水産品の商品の特性や流通事情を熟知しているので、どこでできてどこまでできないのか、つまりどこでつまづくかとか手にとるように分かるわけです。

なので現場に即した対応ができるのです。

なので実際にお悩みの方はぜひ問い合わせメールでご相談ください。

きっと解決のヒントになりますよ。

まとめ

実際に食べてみるとカツオの方がざるラーメンの方がおいしいということがわかりました。

値段を見ても非常にコストパフォーマンスも高いのでオススメです。

今年の夏はこれに決まり!といいたいところです。

新感覚&新テイスト想像しただけでも楽しみですね!

ぜひみなさんもチャレンジしてみてください。

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA