>> よく読まれている記事はこちら

冷凍ズワイガニ(姿)の中身を検証してみました! 〜身の詰まりは?蟹味噌は?

【PR】本サイトのコンテンツはプロモーションを含んでいます。

対面に並ぶズワイガニ(姿)解凍

冬になるとカニを食べる機会があると思います。

赤い甲羅をしたカニを見ただけで食欲をそそります。

日本海側の産地にいけば新鮮なカニをボイルしたものが売っているでしょうがそれ以外の土地ではがほぼほぼ冷凍解凍されたカニが売られています

年末などもネットでもたくさん冷凍のカニが販売されています。

ただそういうところで売っているカニってどうなの?

本当にカニの中身が入っているか気になりますね。

身が詰まってなくてスカスカじゃない?

蟹味噌もどのくらい入っているのでしょうか?

リッキー

生でも冷凍でもカニ味噌とっても大事だと思います!

今回は冷凍のカニの甲羅の中身を開く機会があったので紹介します。

Sponsored Links

冷凍のずわいがに(姿)

冷凍のズワイガニ(姿)

冷凍もののずわいがには主にカナダ産です。

こんな感じでパックして売られています。

市場風鮮魚店などではこれを解凍して売ったりしています。

年々カニの値段は上がっています。

値段は上がらなくともサイズダウンすることもあります。実質の値上げですけど。

だいたい2020年の相場感というか目安としては店頭小売価格で、

800gほどで3,980円前後

500gほどで2,500円前後

と言った感じでしょうか?

2021年になるとさらに高騰してその値段の倍ほどになっています。

そもそも売場に置けなくなっているような状況です。

ネットになるとどうでしょう?

1.5倍くらいの値段になるのかなと思います。

ちなみにネットで売っているものも鮮魚店で売っているもの品質はそんなに変わらないと思います。

ネットの場合は大きなサイズを扱っていることが多いようです。

とは言っても値段はともかく品質中身が大事ですね。

中身さえ入っていれば多少高くてもいい訳ですからね。

あと、値段が安いかには紅ずわいがにの場合が多いです。

紅ずわいがにでも美味しくないことはないですがズワイガニに比べると身入りが少ないカニなのでそもそもの相場も安いカニということです。

ちなみにカニ食べ放題というときはほとんどこの安い紅ずわいがにです。

本ズワイガニの食べ放題はあまり聞きません。

素人の人は区別してないので全然価値観が違いますので頭の片隅に入れておいてください。

では、さっそく冷凍ずわいがにの甲羅の中身を見てみましょう。

Sponsored Links

実際に中身を開けみました!

意外と蟹味噌もありますね。

甲羅の中の蟹味噌(解凍ズワイガニ)

いかがでしょう?

ごく普通に売られている冷凍ずわいがにの甲羅の中身です。

解凍したものです。

思ったより悪くないですね。

生のカニを茹でたのと同じように見えます。

味噌自体もそれなりにあるようです。

生のカニと遜色ないように思います。

冷凍のずわいがには本当おすすめか?

で、実際に蟹味噌を試食みました。

率直にいうと風味は薄めかなという感じです。

旨味やコクはあまり感じられないのかな。

リッキー

味はそっけないという感じは否めません。

ただ、生をボイルしたカニと比べてもちょっと無理がありますね。

しょうがないと思います。

冷凍かければ風味は落ちるわけですから。

生が手に入らない状況の中でカニを食べたいということであればこのレベルならありだと思います。

普段から冷凍物しか食べてないなら問題はないです。

Sponsored Links

最後に

年末最後になると生のカニはほとんど入荷しません。

ということは年末にカニが食べたいときは冷凍のカニしかほぼほぼ選択肢がないわけです。

だから冷凍のカニが重宝されるのです。

生のカニが欲しくても手に入る手段がないということです。

そう言った意味で冷凍のカニの需要が増え、年末冷凍ガニが数多く店頭に並ぶわけです。

今回は実際に冷凍ずわいがにの中身をみてみました。

個人的には冷凍ずわいがにも満足できるレベルと思います.

皆さんはどのように判断しますでしょうか?

一応参考までにネットで売られているカニのサイトを置いておきます。

気になる人はどんなものが売られているか見ておいてください。

\ 1.3kgはさすがにデカい! /

\ これも大きい! /

\ 見逃さないで!/

<終わり>

トップページへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
リッキー
鮮魚アドバイザー・刺身インストラクター・現役水産バイヤー 30年間培った鮮魚の販売、加工、管理技術を初心者に向けてわかりやすく解説。 なかなか教えてくれない秘技裏技も惜しげもなく公開。 一般向けにはみんなが笑顔になるお刺身の作り方ご案内。 すべてが魚食好きの人のために!日夜リアル、WEBで奮闘しています。 有限会社西村研究室(水産コンサルタント事務所)所属