\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

チダイ(サコダイ) マダイとの違いを見分ける7つのポイント




チダイ(サコダイ)はレッキとしたタイの仲間(タイ科)です。

しかし、影が薄いというかこのタイに気づいてない人も多いかもしれません。

ただ、ひたすら安いのでマダイの代用品的な存在としてその価値を有するというと言い過ぎかもしれません。

リッキー

小鯛といった場合、このタイの場合がよくあります。

表題にステルスなという表現をしたのもこれをチダイ(サコダイ)とわかって買っている人はごくわずかだと思うからです。

もしかしたらマダイだと思って買ってるのかもしれません。

ただ、タイではありますがマダイではありません。

マダイとなにが違うのでしょう?

今回はこのチダイ(サコダイ)を詳しくみてみたいとおもいます。

Sponsored Links

チダイ(サコダイ)の基本情報

分類 スズキ目タイ科チダイ属                
名称チダイ
別名・地方名サコダイ
英語名Crimsom seabream
学名Evynnis tumifrons(Temminck and Schlegel,1843)
分布海水魚
主な漁法底曳漁
備考・えら蓋の縁が血が滲んだように赤くなる

チダイ(サコダイ)はどんな魚?

スーパーなどで小鯛として売られています。

なんかメチャクチャ安いなと思うときはこのタイです。

味はマダイよりも水っぽい感じです。

またあまり大きくなりません。大きくなっても40cmくらいです。

マダイとチダイ(サコダイ)の違い

チダイ(サコダイ)もタイ科なのでマダイと同じくタイといえます。

ただ相場を見る限りチダイ(サコダイ)は決して商品価値が高いとはいえないように思います。

チダイ(サコダイ)とマダイの違い ポイント7つ

項目チダイ(サコダイ)マダイ
1尾ビレ尾ビレはピンク一色尾ビレの縁に黒い筋がある
2エラの色エラの縁が赤いエラの縁が赤くない
3色合い薄いピンク色黒くなったり、赤くなったりはっきりする
4色持ちあまり変わらない時間が経つと死神のようにどす黒くなる
5体長あまり大きくならない結構大きくなる
6重さそんなに重くならない10kg以上になるときがある
値段どちらかというと安い高いときはメチャクチャ高くなる

総じてみるとマダイに軍配があがるような感じになりますが、値段と色が変わりにくい点はチダイ(サコダイ)に星印がつく感じですか。

おいしい食べ方は?

正直刺身はオススメしません。

塩をして水分を抜いてから酢漬けにするとおいしいと思います。

タイの酢締めにした商品はこのチダイ(サコダイ)を使う場合があります。

塩焼きはそれなりに美味しいです。

お汁やお味噌汁にしても美味しいでしょう。

あっさりしているので濃いめの味付けで食べる方がいいかもしれません。

リッキー

刺身にするならやっぱりマダイですよね。

ただ、安いのでうまく料理すればコストパフォーマンスは高くなると思います。

味付け次第で美味しくなる魚です。

どうやって買う?

普通にスーパーや鮮魚店で売られています。

しかも安いので買いやすいと思います。

ただ一般の人は見分けがつかないと思います。

最近ではちゃんとチダイ、サコダイと表示してあるところも多いですが、区別しないで小鯛として売っている店も多いです。

エラの縁が赤くなっているかで判断してください。

どうやって売る?

安い魚を売る店では重宝する魚だと思います。

リッキーはあまり好んで仕入れることはないです。

シケで魚がないときにあれば買う程度です。

Sponsored Links

最後に

チダイ(サコダイ)は確かにタイではありますが、マダイの代用品でしかないように思います。

ただ料理を上手くすると評価以上の価値が出てくる魚なので使いようなのかなとも思います。

みなさんは小鯛といった場合この安いチダイ(サコダイ)のこともあるんだよということを頭に入れておいていただければいいと思います。

追加情報あればここに載せていきます。

それでは今回はこの辺でお開きにしたいと思います。

ご精読ありがとうございました。

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA