\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

ばくらい(莫久来) 究極の珍味







皆さん (莫久来)という珍味をご存知でしょうか? おそらくこの名前を初めて聞く方も多いのではないでしょうか。

このわたとホヤの塩辛を合わせたものです。

言ってみれば究極の珍味を二つ合わせたものスペシャル珍味といったらいいでしょうか!

これを知っているだけでもかなりの食通と言えるでしょう。

今回リッキーこの「ばくらい(漠久来)」を食べる機会があったので紹介します。

ばくらい(漠久来)を実際食べてみた

リッキーも職業柄いろんな珍味に出会ったりいろんな話も聞いているのですが、これについてはかすかに名前だけ聞いたことがあった程度でした。

まさかこんなところで出会えるとは。 先日富山に遠征した時に食べる機会がありあました。 飛び込みで入った寿司屋で。メニューにあった「莫久来」の文字に思わず反応して注文してしまいました。 その時に撮ったものがこれ ⇩

先程説明あった通り「ホヤ」と「」の塩辛です。

ホヤが機雷のような形をしていることからつけられたようですが、なんでホヤとこのわたで塩辛を作るんだろうか?なんとも言えませんがすごい珍味だと思いました。

でもそもそもホヤってどんなものなの?

このわたって何からできているの?

っていうことですね。

ここはいい機会なのでそれぞれ元の姿を見てみましょう。

そもそもホヤってどんなもの?

海のパイナップルと言われるだけの姿です。

外側の殻を取って中身を刺身や焼き蒸しで食べます。

ホヤについて詳しく知りたい方は下記の記事へどうぞ。

ホヤの塩辛もその身を塩で漬けたものになります。

では、このわたはどんなものでしょうか?

まずは、元の姿はこんな感じです。

なかなかのグロテスクでしょう。

その腹の中にある内臓のうち腸の部分を塩漬けしたものがこのわたになります。

なまこの腹を割って内臓を出すところ

これがなまこの腸です。

腸の中をキレイに掃除して塩漬けしたものがこのわたです。

ホヤとなまこの腸を合わせて塩漬けするとばくらい(漠久来)になるということです。

ばくらい(漠久来)食べてみた感想は?

実際食べてみると、「う~ん!旨い!」とうなってしまいました!

冷酒(立山)にもよく合います。

「このわた」のしおしおとした磯の香りと甘いコク、「ホヤ」の独特な奥深い旨味がダブルパンチで口の中いっぱいに広がります。でも熟成しているのかマッタリとして2つの味がうまい具合にまとまっていました。

最後に

珍味の中でも最高峰の珍味だと思います。「珍味の中の珍味」まさに「珍味の王様」と言っても過言でしょう。なんといっても高級珍味×2ですから…。(笑)

ただクセが強いだけあって好き嫌いがハッキリするものだと思います。

食べてみたい方はこちらからどうぞ!

↓  ↓  ↓

リッキーももう一度食べてみたいです!

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA