\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

子付け 刺身以上においしい金沢伝統料理 粉の作り方あり【写真付き】




みなさんは、「子付け」という料理知ってますか?

金沢伝統海鮮料理の一つです。

タラの卵をつけた魚の身(生食用)を刺身のようにしてわさび醤油で食べる海鮮料理です。

タラの卵のやわらかい粒子感とまったりとした魚の身(生食)の味わいが深いコクを醸し出してくれます。

これがメチャクチャ美味しいので今回紹介します。

Sponsored Links

子付けとは

刺身にたらの卵の粉をまぶして食べる料理です。

まぶすというのは衣のように刺身全体にくっつけるということです。

そしてその刺身にはおいしくするために塩したり昆布で締めたり少し加工処理されています。

この一手間のおかげでまったり感と深いコクが出ます。

子付けの種類

主にタラとさわら(カジキ)とタラで作られます。

やっぱりタラの子付けの方が人気です。

卵がタラを使うので身もその親を使うという流れは当然なのかと思います。

とはいえ、さわら(カジキ)にも刺身にはないなんともいえない美味しさがあります。

※金沢ではカジキのことを「さわら」と言います。詳しくはこちら記事

子付けが作られる地域

ここでいう「子付け」が作られるのはどうでしょう?

私の知る限り北陸くらいのような気がします。

ただ、タラの獲れる地域なら作っているかもしれません。

ここは情報入り次第内容追加します。

子付けがおいしい時期

やっぱりタラが旬になる時期によく作られます。

なので、秋から冬にかけてということになるでしょう。

最近では冷凍品もあるので金沢市内のスーパーや鮮魚店では年中販売されているようです。

で、タラが終わった時期になるとそのかわりという感じでさわら(カジキ)の子付けが出てきます。

なのでさわら(カジキ)の子付けは3,4月の早春ということになります。

子付けの粉

子付けの粉という言い方をしますがタラの卵を使います。

ただ、タラが高い時にメルルーサの卵で作られたことがあります。

いわゆるメル粉です。

聞いたことない人も多いでしょう。

ただ、業界の人は知っておく必要があります。

味は全く変わりません。

タラの子付けの粉が市販されているかというとあんまり市販されているの見たことありません。

実は市場では一部の業者が取り扱っているのですが小売りされてはいないようです。

なので自分で作らないといけないということです。

子付けの食べ方

子付けは基本刺身の形態が変化したものです。

なので食べ方も刺身と一緒でわさび醤油で食べられることが多いです。

ただ、子付け自体に塩味がついている場合も多いので、わさびだけつけて食べてもおいしいと思います。

ではこの子付けの作り方を紹介しましょう。

今回は子付けの粉の作り方です。身の加工についてはここでは省略させていただきます。

子付け粉の作り方 〜レア画像

※ここは後々有料記事にさせていただく予定です。今のうちにご覧ください。

子付けの粉は真鱈の卵を使います。

準備するものは真鱈の卵一腹と塩少々くらいなもんです。

あとは調理器具として深めの鍋と水切りザル、フライパン、絞り布です。

子付け粉の製造工程
  1. 真鱈の卵の塩茹で
  2. 湯切り
  3. 乾煎り
  4. 味付け

要は塩茹でして炒ればいいだけです。

写真を見ながら見ていきましょう。

写真で見る子付け粉の作り方

真鱈の卵。一腹あれば十分です。

・真ん中に包丁で切れ目を入れます。

・包丁の背を使って中の粒だけ取り出します。

・皮は使わないので処分。

・粒だけを沸騰した湯の中に入れて茹でます。

・その時ちょっと塩を一つまみ入れます。

・再沸騰してきたら3分ほど茹でます。

・あくとか出てきたら取り除いてください。

・で、茹で上がったらザルにとります。

皮など入っていたら取り除いてください。

・これを絞り布にとって茶巾絞りします。

しっかり水分をとるのがポイントです。

画像はここまでです。

・あとはフライパンで煎って水分を飛ばします。

・最後に塩を入れて味を調整します。少しでいいです。

・容器に取り粗熱をとります。

・冷蔵庫に入れてしばらく冷やします。

・冷えたら出来上がりです。

結構簡単にできます。

塩味は少しで大丈夫です。

この情報は他のネット情報にも載ってないのでぜひ参考にしてください。

冷えたら刺身にまぶして料理としても出来上がりです。

刺身にまぶすだけでもいいのですが、刺身に塩をしたり昆布締めにしたり一手間かけるとさらにおいしくなります。

時間がある方はやってみてください。

子付け粉が残ったら

この子付けの粉が残ったらこんな料理にしてはいかがでしょうか?

  • ふりかけ
  • しらたきとたら真子炒り
  • 炒り卵入り卵焼き
  • たら真子パスタ

子付けの粉はあまり日持ちしませんのでお早めにご利用ください。

タラの親子漬けはまた別の商品

話が脱線しますが、たらとその卵を使った料理は他にあるのでしょうか?

私がパッと思い出すのは、

タラの親子漬け

です。

新潟でよく食べてました。

タラの身は子付けと違って生ではなく酢締めされたものでした。

生姜がきいた酢漬け料理だったように記憶します。

一応こんな商品です。

中身の写真も載ってますのでご覧ください。

Sponsored Links

最後に

刺身だけに飽きたら食べたくなるのがこの子付けです。

別に北陸でなくても作ったらおいしいと思います。

そんな意味でもっともっと知ってほしい海鮮料理の一つです。

みなさんも冬になったらぜひチャレンジしてみてくださいね!

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA