スーパーの刺身がおいしくないわけ




理由は簡単

数日前に下ろした魚を刺身にするからです。

刺身なのに数日前に下ろした魚とはどういうこと?と思われるのも当然ですね。

これは少し説明が必要ですね。

真空フィレという刺身用の簡便キットがある

実は、魚を三枚おろしに身おろしして真空にしたフィレ(以降真空フィレと表記)という刺身用キットみたいなものが市場流通しているのです。

真空フィレは魚を一から丸物から身おろしする手間を省くために養殖メーカーが事前に三枚おろしにして真空で包装したものです。既に皮を剥いてあったり、皮が付いていたり様々タイプがあります。

たとえば、白身の鯛やカンパチ、ブリ、さらにはさんまの刺身、鯵の刺身、鯖の刺身(ごまダレのついているやつ)など青味のさかなまで真空状態の刺身用キットみたいなものがあるのです。

もちろん衛生的な条件のもとにされているのできちんとした商品です。

真空フィレ自体は魚をおろす手間を省いてくれるので魚屋にとっては非常にありがたい存在でとても助かるものなのです。

ではなぜ真空フィレだとダメなのか?

前述のように真空フィレは魚屋にとってとても便利な存在です。

ではなぜ真空フィレだと美味しくないのでしょうか?

理由は2点あります。

まず一つは、

使う時点で時間が経っているということとです。流通事情を考えると水揚げをして店に着くまでに少なくとも2日は経過しているものということになります。早くてです。それをさらに店で数日保管することになるわけですからさらに時間が経過するということです。

もう一つは、

そういう魚は大体養殖物だからです。養殖魚にはどうしても養殖臭と言う餌に由来するものが昔からあります。美味しさが天然に劣るのはしょうがないと思われます。

逆に人気のある魚屋さんとか料理屋さんはその店でおろした鮮度のいい天然物を使うから美味しいわけです。

養殖フィレは全く美味しくないのか?

いえ、それなりに美味しいとは思います。

ではなぜ美味しくないと言えるのですか?

それは今言ったように前日に水揚げされた近海の天然物と比較するからです。

確かに養殖ぶりなんかは天然物より美味しいのではないかと思う時も正直あります。

近年品質も格段に向上してきてはいます。生産者さんも努力しているのもわかります。

しかしながら鮮度のいい天然物と比較されてはかなうわけがありません。実際にみなさんの方がよくお分かりなことだと思います。

では、大手はなぜ美味しい天然物を使わず養殖フィレを使うのでしょうか?

大手は効率を追求するからです。

特に大手スーパーマーケットはとにかく人手のかからないよう効率を優先します。魚をおろすには一定の技術が必要となりますが、そういう人を育てるには時間がかかります。誰も簡単できるものの方がいいわけです。既におろしてあるフィレならば経験や技術ない人でも使いやすいし楽に刺身を作れるわけです。

その時は美味しさとか鮮度は二の次になっています。

鮮度のよい丸物の状態のさかなをおろして皮を剥いてすぐに刺身にしようという考えはサラリーマン化が進んでいる大手ではもしかしたら誰も考えてないのではないでしょうか?言い過ぎ!と怒られそうですが当たらずとも遠からずでしょうね。

そうすると既におろして皮のむいてあるもの=真空フィレでいいということになるわけです。

白身の魚やブリカンパチなどは、正直真空でもあまり味はかわらないのかもしれません。しかし、青身のさんま、あじなどはやっぱりわかります。おろしたてのものと少なくとも2.3日たっているはずものを比べたら、味に差がでて当然です。

美味しさへのチャレンジはしないのですか!

では、なぜそういうものを使うのでしょうか。

シケで魚が全然ないよとか、入荷が少なくて小売りで売れる値段で無くなったというときであればフィレを使うのもいいでしょう。私もそんなときには養殖物のお世話にもなります。

しかし大手は天然物を使わないのです。

問題は天然の魚が大量に獲れて相場も安いにもかかわらず天然を使わず養殖を使うことです。

例えば鮮度のいい地物の天然の鯛が春先大量に獲れたりします。安いし新鮮だしおいしい。それなのに大手スーパーはこれを使わず養殖物を使うのです。

生、天然、地物 美味しい魚の3要件にしっかり当てはまる場合でも使わない。

これが私には理解できません。

おいしいものをなぜ選択しないのでしょうか!

それは大手スーパーがおいしさより、安定を考えるからです。

値段も決まっているし、入荷も安定している方が大事ということだからでしょう。

確かに天然のように仕入れの際の面倒な調整も不要だし人手がかからず、簡単にできるほうがいいでしょうね。うがった見方をすると、とりあえず刺身のおいしさは二の次だよとさえ思っているかのように見えます。

サスティナビリティという言い訳?

最近サスティナビリティという言い方があります。持続可能性つまり資源を継続して利用できる環境をめざすことを前提として商品構成していくべきという考え方です。天然資源を継続して残していこうという考え方です。確かにこれも大事な考え方で現代のテーマには沿っているものと言えます。だから養殖物がいいんだという流れになるのでしょう。

しかし、そう言ったところで後付けのように聞こえます。社会のためにというよりは自分たちの都合、利益のためにやっているという風に見えてしまいます。

そもそも大手の大きくなりすぎた組織自体が問題ではないでしょうか?大きな規模に販売しようとするからその調達のために資源が枯渇するのではないでしょうか?自己矛盾を孕んでいるということを私たちは見抜いています。

やはり刺身は鮮度が良くて美味しいということが一番大事だと思います。やっぱりおろしてたてのほうがおいしいわけですから。

結果として大手で買う人は2.3日以上前におろした魚の刺身を選んでいることになってのが問題です。またお客さんは誰もそんな前に下ろしたものだとおもっていないことも怖いことです。

諸悪の根源は過度な計画性の要求

これは大手スーパーならよくあることです。とにかく計画ありきで事前の計画を過度に求められるから現場は安定した養殖、冷凍物を優先する考え方になるのでしょう。真空フィレにしとけと。もはや鮮度のいい美味しい地物の魚をという考えは二の次になっていることはとても悲しい事実です。

今述べたようなことから大手スーパーの刺身は美味しくないという結論になるのです。

養殖のフィレはただ天然が手に入らない時に使えばいいのです。あくまでも基本は天然でやるべきです。

大手の刺身が美味しくないもう一つの理由は刺身の技術が崩壊しているということ

大手のお刺身を見るとき、どんな指導してるのか?首をかしげたくなる時があります。

なぜかと言うとみんな刺身を削いでしまうからです。何でもかんでも削いでしまってナヨナヨとした刺身のオンパレードになっています。

どんな魚を削いで、どんな魚を平造りにするかの判断ができないか教えられてなのでしょうか?

しかも角のたってないお刺身ばかりです。キレのあるしっかりしたお刺身を作るところは非常に少ないように思われます。

そぎ切りというのはそもそも魚を薄く切る方法です。

魚によっては平造りしないと美味しくならない刺身があるものです。

しかしなぜかみんなそぎ切りをしています。

わかりやすいのがまぐろやカツオたたき。これらはやはり平造りで切った方が美味しいものです。ブリ、フクラギもそうです。

全部削いでしまって、まず食べる気しません。

西村弘先生の商品造り

これだけ角がたってしっかりした作りのお刺身なら食べてみたいですけど。

それに対して指導もないのか、マニュアル自体がおかしいのかなんで削いでばかりいるんでしょうね。

いずれにせよ、大手スーパーマーケットで作った刺身はナヨナヨとした刺身が多くてゲンナリしますね。

地方のローカルスーパーマーケットや鮮魚店が大手に勝てる理由

今述べたように魚に関しては決して大手だから勝てるというわけではないと思います。美味しさを二の次にしているわけだからお客さんに選ばれませんよと言いたいです。

魚の世界だけは大手スーパーよりも地元の小さいスーパーや魚屋さんが勝てるチャンスがあるのです。

小さなローカルスーパーマーケットや鮮魚店は地物の天然魚をどんどん使って鮮度を吟味しながら美味しいお刺身をしっかり作ってチャレンジしてください。

きっちりやっていけば安売りをしなくても大手に勝てるはずです。

おろしたてのこんなお刺身作りませんか!

参考記事 自分でさばいて刺身にしたい北陸の魚7選 5月下旬編

参考記事 なぜコープおおぬかの魚が絶大に支持されてこれだけ近隣の人たちを惹きつけるのか?魚が売れるのにはわけがある!

参考記事 いか刺しの美味しさと恐怖 〜アニサキス被害を防ごう!画像付き

参考記事 さんまの刺身の美味しさと恐怖 〜アニサキス被害を防ごう!第2弾 画像付き

参考記事 刺身にできる5つの条件自分で魚をさばくとき

参考記事 魚をさばく主婦にオススメな包丁がこれ!使いやすくて重くない洋包丁「藤寅作」

参考記事 正しい包丁の研ぎ方を教えて下さい キッチン編

商品紹介

主婦が包丁選びに迷ったらこれ! 洋包丁17cm藤寅作




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA