香箱がに(セイコガニ) 関東の人に送っても喜ばれない激ウマ絶品蟹 秋冬の魚介類







SANYO DIGITAL CAMERA

毎年11月6日は北陸・山陰方面のカニ漁解禁です。6日の朝に出た船が夕方晩のセリに合わせて戻ってきます。そして翌日の7日に各市場店舗やスーパーの店先で販売は7日販売されます。

リッキー

北陸・山陰の人はこの解禁日をとっても楽しみにしていて待ち遠しいんです!

ここで解禁されるのはズワイガニとコウバコガニです。

有名な越前がにや松葉がにはズワイガニということですがいずれもオスのかにです。それに対してズワイガニのメスをコウバコガニまたはセイコガニと呼びます。

ちなみに石川県でとれたコウバコガニを最近では香箱がにと表記されますがもともとは甲箱がにと言ってました。それで地物を香箱がにとして県外ものを甲箱がにと区別したりしているようです。

この香箱がに金沢ではかなり珍重されてかに漁解禁もこのカニを楽しみに待っているわけです。

その香箱がにをおいしいからといって関東の人に思って送ると関東の人たちの反応は想いに反して冷ややかなのです。良かれと思って送ったのにあまり喜ばれないのです。

なぜかというとズワイガニから見るとこの香箱がにちっちゃくて要はどこ食べたらいいのということなのです。

ズワイガニの美味しさはわかっているんですね。しかし香箱がにをどう食べたらいいかわからないものでもらった方も困るということなのです。

そこで今回は関東から引っ越して金沢に住むことになったリッキーがこの香箱がにのおいしさ魅力を紹介してみたいと思います。

基本情報

分類 十脚目ケセンガニ科ズワイガニ属                
名称コウバコガニ
別名・地方名ズワイガニメス、(石川産のみ)、、セコガニ
英語名Snow crab female
学名Chionoecetes opilo(O.Fabricius,1788)
分布水深200〜600mの海底にに生息。0℃〜−3℃の冷たい水温を好む。
主な漁法底曳漁
備考・漁期が最近短くなり11月6日の解禁日から12月末のおよそ2ヶ月間のみ。
・昔は子供のおやつだったといわれる。

どんな魚?

赤い内子と茶褐色に熟した外子と身の3種類の味を楽しめるおいしくカニです。

特にオレンジ色をした内子はまさしく絶品で一度食べると確かにやみつきになります。

香箱がにが好きになるのもわかります。

昔は値段も安く子供のおやつでパクパク食べていたということです。

しかしながら最近では水揚げ量も減りかなり高いものとなっています。

禁漁期間も厳しくなって今ではそのおいしさを約2ヶ月くらいしか楽しめなくなりました。

石川県は青いタグをつけて、福井県は黄色いタグをつけてブランド化しています。付加価値をつけた分値段も上がったと言えるかもしれません。

大きさで値段も違います

サイズは1箱の入数で値段を分けています。

  • 10入 特大 1,500円〜 大体タグがついている 贈り物用か
  • 20入 大 980円〜 タグはつかない大きなサイズ
  • 30入 中 600円前後 標準的なサイズ
  • 40入 小 500円前後 スーパーの3パック1000円で使われるサイズ

山陰は25入もあります。

※あくまで目安です。港、時期や入荷量によって前後します。

最近では本当高いです。この表の100円プラスくらいの値段のことも多いです。

お客さんからすれば見た目の大きさと値段で判断していく形になります。

リッキーはできるだけ大きい方をおすすめしています。

といってもご自宅用は20入までです。

それ以上は贈答用と考えた方が良いです。

3バイ1,000円のカニを食べるくらいなら2杯1,000円の方が満足感あると思います。

家族がたくさんいるお家はどうしても3バイ1,000円のものになってしまうのはしょうがないと思います。

おいしい食べ方は?

ではこの香箱がにどうやって食べたら一番おいしいでしょうか?

やっぱり塩茹でが一番おいしいと思います。

リッキー

酢醤油ですか! もちろんそのままでもおいしいですよ!

茹でるときの塩加減が大事になります。

そのほかにはお味噌汁に入れてもおいしいと思います。

おすすめの具材は、

ダイコン、ニンジンを銀杏切りにしすると食べやすくおいしいと思います。

もちろん蟹味噌も一緒に入れてください。

濃厚な味わいが楽しめます。

あとはパスタにしてもおいしいですね

身も一緒に食べるなら生のものより一度塩茹でしたものを使った方が身を効果的に使いやすいです。

おいしいカニの茹で方

店では大量に茹でるのでこのような大きな釜を使います。

家庭でもできるだけ大きな鍋にカニがヒタヒタに浸るくらい水を張って茹でてください。

事前準備
  1. 事前にカニを水の中で溺死させる。
  2. たわしでカニの脚や甲羅、内側の汚れを軽く擦って落とします。
  3. 鍋は大きめを準備。
  4. そこに水をできるだけ並々とはって沸騰させる

カニを溺死させるのはかわいそうな気もしますが生きているまま茹でるとカニが暴れて脚が取れます。

カニの美味しい茹で方
  1. 塩を2%入れる。※かき回して溶かしてちょっと甘いくらい。
  2. 完全に湯を沸騰させる。
  3. 沸騰したらカニの甲羅を下にして入れる。※火力を落とさない。
  4. 入れた時点から20分ほど茹でる。※一度冷めるが構わず火力を最大に。
  5. 蓋はしなくて良いがお皿のような重石はした方が良い。
  6. ここでも吹きこぼれ注意
  7. 20分たったらカニを取り出す。
  8. オリがついていたりするのを水で洗い流す。
  9. しばらく置いて覚めたら出来上がり!

カニを上手に茹でるコツはなんといっても強い火力で茹でることです。

甲羅が厚いのでできるだけ火に近いところで茹でれるように下にします。

どうやって買う?

いろんなタイミングや大きさがあって何を選んだらいいか迷ったりします。

ただ一つ言えることはできるだけ大きなサイズを選ぶことです。

大きい方が値段が高くなりますが身の入りを考えるとやっぱり大きい方がいいです。

たくさん取れて安い時が必ず洗います。

その時に480〜580円くらいのかにを選ぶのが一番いいと思います。(去年2019年は高くてそのサイズが680円ほどしていました。)

解禁時に安くて後から高くなる場合もあればその逆の場合もあります。

その年によって違いますので決め打ちは避けましょう。

わからない時は魚屋のベテランの人に聞いてみるのが一番いいと思います。

美味しい甲箱がにの選び方
  1. 可能なかぎり大きいものがよい
  2. 大きさだけでなく手で持ってずっしり重いものを選ぶ ←これが絶対的
  3. わからなければ両手で2つ持って選んでいくとよい。
  4. きれいなクリーム色をしているものを選ぶ。赤っぽいのは避ける。
  5. 一番小さい脚にとれていても気にしない。それより重いやつ
  6. 外子は茶褐色に黒い方がおいしい。オレンジ色はダメ。味が薄い。

これだけ確認すればハズレは引かないと思います。

どうやって売る?

最近の傾向では高音安定ということが多いです。

高い時は無理して売らずに安い時だけ売るというのでもいいと思います。

小さいサイズ(40入)は売りやすいかもしれません。

けれど結局中身が少ないので固定のリピーターになって欲しいなら大きなサイズを中心に売ること。

カットして売るのもいいが見切るが多いなら思い切って丸のまま安く売ることも大事。

無駄な作業をできるだけ省きましょう。割り切りと的確な判断が大事です。

某大手のスーパーは店内での加工を禁止しているところもあります。全国統一の衛生管理ということでしょうが売りは弱まるでしょうね。

あと、チラシで398円を入れるのはいいですが、端っこに少しだけ置いてメインは598円というようなことをしていますがこれはやめてください。虚偽表示といわれかねません。そもそもお客さんに不誠実です。

金沢は香箱がにをお母さんばあちゃんが食べやすいように切って出してくれる

金沢で香箱がにが売れる理由の一つにカットして食べるという文化があるというのが大きく影響していると思います。

この時期になると家のお母さんやおばあちゃんが子供のため、孫のためといってせっせとこの小さいカニを切ってくれるのです。

結構どこのオタクでもそんな感じのようです。

最初すごいところだなと思いました。

もちろんお父さんがやってくる場合もあるようですがこういう手間をかけるから香箱がにが消費されるのでしょうね。

ちなみに新潟出身のリッキーは新聞紙を引いてカニの足をもいでかぶりつく のが普通だと思ってます。笑

最後に

香箱がには内子が美味しいですね。

これが一番好きな食べ方です。

これに酢醤油をぶっかけて食べるんです。

かき混ぜると蟹味噌が!!!

香箱がにが無性に食べたくなってきました!

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

<終わり>

トップページへ







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA