>> まずは読んでほしい記事がこちら ここをクリック! 

紋甲いか 〜肉厚でまったりとした刺身が旨い晩秋の刺身いか 硬い軟骨あり!




寿司で人気のネタの紋甲いかは肉厚でまったりとした甘みの強いいかです。

紋甲いかは骨状の硬い甲が入っていているコウイカの仲間でカミナリいかと呼ばれることもあります。

写真で見てもわかる通りカミナリのような模様が入っています。

北陸地方では秋口にアオリイカの後に冬が深まる頃に市場にたくさん入荷するイメージです。

子供にも人気のこの紋甲いかはとっても刺身にしてもとってもおいしいです。

Sponsored Links

紋甲いかの基本情報

分類 コウイカ目コウイカ科コウイカ属                
名称紋甲いか(モンゴウイカ)
別名・地方名カミナリイカ
英語名Kisslip cuttlefish,Ocellataed cuttlefish
学名Sepia(Acanthosepion)lyciddas Gray,1849
分布海水魚
主な漁法底曳漁
備考・西日本で水揚げが多い
・いか刺しとしての人気は西の紋甲、東のやりという言い方をされることもある。

紋甲いかはどんな魚?

紋甲いか 硬い甲

釣りでも人気のいかです。

骨状の硬い甲が中に入っているのが特徴。

コウイカも種類がありますが紋甲いかが一番おなじみです。

特異な体の作りをしているので捌くのに四苦八苦する人が多いです。

アニサキス被害も聞いたことないので比較的安心して食べられるいかです。

※注意!理論上はいてもおかしくありませんが経験上あまり聞いたことがないという意味です。

おいしい食べ方は?

刺身や寿司で食べるととてもおいしいです。

刺身だけでなく火を通しても甘味がでておいしいいかです。

天ぷらやアヒージョなどにしてもおいしいと思います。

ゲソは軽くボイルすると食べやすくなっておいしいと思います。

どうやって買う?

原体で買うと意外と安いです。

大きなサイズはさすがに高くなるので小さめの方が買いやすいと思います。

北陸では晩秋のイメージがあります。

どうやって売る?

これは売るのが大変です。

バラ売りしたりもしますがスミで周りが真っ黒になってしまいます。

アオリイカよりスミは少ないですが墨袋をとってから調理しないと台所が大変なことになります。

捌き方

このいかも捌き方覚えておきたいところです。

基本アオリイカと同じなのでそちらの方をご覧ください。

>> いかの捌き方が載っている記事はこちら

Sponsored Links

最後に

一年で最後の方に出てくる刺身用のいかです。

個人的にはいかの中で一番好きかもしれません。

あの肉厚加減とまったりした甘みがとてもおいしいですね。

みなさんも原体を捌いて刺身にしてみてください。

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

<終わり>

※この記事は順次情報が追加されていきます。

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA