鮮魚担当者必見!鯛のアラの鱗はどこまでとればいいのか?動画付き







みなさん こんにちは。

今回は魚売る側の話です。

少し専門的な部分になりますので興味ない方はスルーしてください。

鯛のアラは大事な商品の一つ

鮮魚部門では必ず鯛を扱います。

刺身で使うことがほとんどですが必ず鯛の頭がついてきます。

というのも鯛のアラは「アラ炊き」や「かぶと煮」さらには「潮汁」など人気なのです。

それだけで商品の一つになるので硬い頭を割ったりしてパックして売場に出すのです。

ところがこの鯛の頭の処理が大変なのです。

硬いし、鱗がいっぱいついてるし、切りにくいし鮮魚担当者泣かせなんです。

本気で捨ててしまいたいと思ったことが何度もあるほどです。

でも需要もあるしまた利益も取れるということもあって担当者は必ず処理して売場に出していると思います。

鯛のアラのクレームは非常に多い

ところがこの「鯛のアラ」という商品は非常にクレームも多い商品です。

だいたい言われるのが。

鱗うろこがいっぱいついてた!

というクレームです。

別に鮮魚担当者もイヤイヤやっているわけではないでしょうが、この鯛のアラの処理が不完全なことがあります。

そもそも鯛のアラの処理の仕方を教えられていないというお店もあるのかもしれません。

対面では天然鯛が売れると必ずアラも処理しないといけない

対面販売では天然鯛を売る時は必ず鯛のアラを持っていかれるので処理をしなければいけないわけです。

それも短時間でしないといけません。

ネギを入れて「鯛の潮汁」にしたりやごぼうと一緒に煮付けて「鯛のアラ炊き」するんでしょうか。

いずれも美味しいものです。皆さんそれをご存知なのです。

ほかの白身魚ではアラいらないよと言われるのに鯛だけはしっかりもっていかれます。

それだけ鯛のアラの需要は大きいものといえます。

鯛のフィレにも頭がついている

鯛のフィレを使ったことのある人ならわかると思いますが本当なら身の部分だけでいいのですが頭もついてくることが多いのです。

まあ、頭なしだとそれなりに高くなるでしょうから頭があったほうがそれなりに割安ということなのでしょう。

そうするとバックヤードでも鯛の頭を処理しないといけないわけです。

しかしはっきりいって、通常の作業で鯛のアラの鱗を完全に落とすことは現実非常にむずかしいことだと思います。

では鯛のアラはどこまで鱗落としの処理するのが正解なのでしょうか?

なかなか鯛のアラの鱗の取り方を解説している著作物ってなかなかないものです。

今回「さかなのさ」そこのところを一度解説したいと思います。

まずほ上記の写真をご覧ください。

黄色い枠線で囲んであるところをしっかり取らないといけません。

どんなに忙しくてもここを取らないとクレームがくるのです。

対面なんかでは瞬間でやらないといけないので非常に大変です。

リッキーはいつもここまでやっていますので今までクレームはいただいたことありません。

どうでしょう?

みなさんにもぜひやってほしいです。

詳細は動画YouTubeでチェック!

今回はみなさんにわかりやすいように動画を準備しました。

ぜひご覧いただいてご自身の処理の程度を確認してほしいです。

まとめ

最後のある一言を言い添えるのがポイントです。

これは動画の中でも案内しています。

「うろこは完全に取りきれませんのでご自宅で湯通ししてうろこを取っていただくことをおすすめします」と。

この一言を言い添えるのが大事なのです。

<終わり>

※記事の中の写真で鱗つけたまま鯛をおろしたものがあります。一般的には鱗をひいてからおろすやり方だとおもいますが鱗つけたままおろすやり方も便利なのであえて掲載しました。

トップページへ







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA