\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

毎日刺身を食べて大丈夫ですか?




先日鮮魚の対面で調理していると、

「私毎日刺身を食べていますが問題ないものですか?」

と聞かれました。

その時私はその問いに戸惑いました。

あまりにも突飛な質問だったので答えに窮したわけです。

とりあえず、

「大丈夫ですよ」

と答えました。

というのも毎日のように刺身や刺身になるお魚を買っていかれる方も多くいらっしゃるので大丈夫という推定のもとそう答えたわけです。

自分としては確信を持って大丈夫だと思ったのです。

ただ、ここは一度それが本当なのかちゃんと調べてみないといけないと思いました。

その上で本当に毎日刺身を食べて大丈夫なのか?という問いにお答えしなければならないなと思いました。

魚捌く包丁を買うならこれ!【主婦必見】プロがすすめる究極の1本!刺身もOK

Sponsored Links

刺身の栄養素

まずはそもそも刺身にはどういう栄養素が含まれているのでしょうか?

主だったものから見てみましょう。

タンパク質

タンパク質は筋肉、骨、血液などの材料となる重要な栄養素です。

タンパク質が不足すると結果として基礎代謝量が落ちたりして太りやすく痩せにくい体質になるといわれています。いわゆるメタボになりやすくなります。

またお肌や髪などの荒れを引き起こしたり、集中力もなくなったりとことになりやすいようです。

刺身はその良質な動物性タンパク質がとれるという点で優れています。

タウリン

アミノ酸の一種です。

筋肉や内臓を作る材料となって支える役割を果たしてくれます。

コレステロールの代謝促進や肝臓強化にも優れた能力を発揮するといわれています。

その働きを詳しく見ると次のようになります。

タウリンには次のような働きがあります。 

・血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす。

・血圧を正しく保ち、高い血圧を下げる。 

・肝臓の解毒能力を強化。アルコール障害にも効果的。 

・インスリン分泌を促進し糖尿病の予防・治療に有効。

・視力の衰えを防ぎ、新生児の脳や網膜の発育を助ける

農林水産省HPより

魚介類にたくさんタウリンが含まれているといわれてます。

タウリンは、生体内で遊離した状態で存在する含硫アミノ酸様化合物の一つで、イカやタコ、貝類、甲殻類及び魚類(心臓・脾臓・血合肉)に多く含まれています。

農林水産省HPより

マグロ、カツオにも多く含まれているようです。

これらの刺身を食べることで動脈硬化や心筋梗塞の予防にも効果あるといわれています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)

人の体内では作ることのできない必須脂肪酸一種です。

人の脳や目の網膜の神経系に多く含まれている脂質成分で発達段階の子供に特に良いとされています。

EPA(エイコサペンタエン酸) 

これも人の体内では作ることのできない脂肪酸の一種です。

血液を健康に保ち、血栓をできにくくしたり、高脂血症を予防してくれる働きがあります。

DHAよりサラサラ効果があるといわれています。

注目は動脈硬化や脳梗塞を予防する働きです。

鉄分 

貧血を予防する働きがある。

血液中の鉄分が足りなくなると酸素が十分に運べてなくなって色々なトラブルを引き起こします。

貧血がその代表例です。

マグロやカツオの刺身にはこの鉄分が多く含まれているといわれています。

カルシウム

骨、爪、歯を作る要素として重要です。

鉄分と並んで不足しがちが栄養素といわれています。

これが不足すると子供の骨折や高齢者の骨粗鬆症という病気になりやすいといわれています。

皮の内側の肉にもたくさんカルシウムが含まれているといわれています。

湯引きのようなもので摂取できます。

このように刺身を食べるとたくさんの栄養素が摂取できることになります。

いいことづくめのような気がします。

加熱するより刺身の方が栄養価は高い

刺身を毎日食べて大丈夫か?

という問いに答える時、加熱した場合との違いも見ておく必要があると思います。

結論をいうと刺身の方が栄養価が高くなります。

なぜなら、焼くと余計なものと一緒に栄養素も落ちてしまうからです。

そのまま食べる刺身の方が栄養価高いということになります。

ではその分カロリーも高くなるのではないかという問題があり得ます。

しかし、確かに高くなるにしても魚のカロリー自体は肉ほど大きくないのでさほど心配するほどではないと思います。

このように栄養価の点で刺身が問題になることはないようにも思えます。

刺身の寄生虫の危険は?

もしかしたら、質問される方はここのところを気にされているのかもしれません。

刺身に寄生虫がいることがあり得るので、その意味での心配はあると思います。

ただ、体に直接害をもたらす寄生虫はある意味限られています。

アニサキスという寄生虫に注意が必要です。

ただ寄生虫の問題は一過性のものなので、毎日食べて大丈夫か?という問題からはちょっとズレるのかなあと思います。

刺身食べているせいで体に寄生虫が住み着いたということを心配されているのであればこちらをご覧ください。

食中毒菌の問題は?

食中毒も問題になり得ます。

ここは衛生管理がしっかりしているお店で買うように心がければ大きな問題はないと思います。

ただ毎日食べて問題ないかという点については水銀などを含む可能性のある魚が存在するのでそういう魚を毎日食べるのは注意した方がよいです。

例えば金目鯛なんかは継続して食べない方がよい魚の一つです。

詳しくはこちらで。

↓  ↓  ↓

実体験談

売場で毎日刺身を買われている人も拝見します。

90歳過ぎのばあちゃんが、

「わしゃ、この店の刺身を毎日食べているんだ! それで90歳まで元気にさせてもらっているんだよ!」

といわれたりします。

毎日刺身を食べられているんですね。

そこまで極端でなくても若い人でもほぼ毎日のように刺身を食べている方も多いと思います。

現場で感じることは好きな人は毎日のように刺身を食べているということです。

実際私も毎日のように刺身を食べていますがその意味での健康の問題はありません。

さらにいうと刺身を毎日食べて問題が出たということは正直聞いたことがないです。

結論

これまで見てきたように、

メタボを防ぐ意味で毎日刺身を食べるということはいいことのようです。

ただし、先ほども申し上げた通り一過性の問題として食中毒や寄生虫の問題はあり得ます。

そこのところは冷凍することを心がけるとか体調悪い時は生食を控えるとか意識すれば問題ないところだと思います。

総じて、

毎日刺身を食べても栄養価の点では大丈夫ですが一部気をつけないといけないことあります。

という答えになります。

Sponsored Links

まとめ

刺身は日本の伝統的な食文化です。

毎日刺身が食べられることがどれだけ幸せなことかということです。

世界的にもヘルシー食ということが認知されてきているわけですから私たちも毎日刺身寿司を食べるよう心がけたいですね!

あとは大蔵省が許してくれればという制約はありますけどね!

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA