\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

サクや皮を剥いた状態を見て、魚の名前分かりますか? 魚名前あてクイズ第2弾!




はい、みなさん、こんにちは。

お刺身食べていますか?

読者参加型企画 お魚名称あてクイズ が人気となっています。

おかげさまで、いろんな方面からの反響いただいています。

楽しい!とか、むずかしい!とか、魚屋ですがためになる!とかうれしいお言葉がたくさん聞けています。

リッキーとしても魚をさばくというニッチなテーマを主目的としてブログ運営しているとやっぱりどれだけみなさんに興味を持って楽しんでいただけるかという点がポイントになると思っています。

ということで、今回第2弾を開催したいと思います。

前回刺身を見て魚の名前を当てていただきましたので、今回はサク、皮むいた状態のものを見て魚の名前を当てていただこうと思います。

これもプロアマ問わず魚を知っている人には興味あるところだと思いますので奮ってご参加の方どよろしくお願いします。

やっぱり、これが見分けられるとすごいですね、一目置かれる存在になれるかもしれません。

7問以上わかるようなら自慢していただいて結構です。

魚屋さんでなければ尚更すごいことだと思います。

では始めましょう!

Sponsored Links

サク、皮むき状態を見て魚の名前を当てるクイズ 概要

写真を見てください。

まずこれで何の魚かわかったらすごいです。

次にヒントを置いておきます。

これでわかるといいですね。

自分なりに答えを出しておいてください。

そして答え合わせは、

解答はこちらへ

をクリックして該当の魚の記事へ行きますのでリンク先の記事で名称を確認してください。

記事がないときは ここをクリック! すれば下の記事が開きますので確認できます。

原始的な方法ですみませんが、しばらくお楽しみください。

それでは問題です。

サク、皮むき状態を見て魚の名前を当てるクイズ 問題

問題 No.1

赤ではない色合いが特徴。色にムラがあったりします。

魚屋さんに勤めている人は判らないといけません。

〔ヒント〕

釣り人にはとても人気の魚です。

刺身としては白身の中でもあまり人気がない方です。というのも、河口域に生息するので川臭さが残る個体が混じるからです。

ただ、夏に向かって結構おいしくなります。

解答はこちらへ

問題 No.2

一昔前はよくおろしていましたが、今はすることがなくなりました。

少し寂しいですね。

〔ヒント〕

秋を代表する魚です。

近年、アニサキス被害が多発して生のものを刺身にすることはごく一部でしたしなくなりました。

スーパーに並んでいるものは冷凍解凍ものです。

解答はこちらへ

問題 No.3

大きさと形でわかるかもしれません。

〔ヒント〕

これも釣り人に人気の魚です。

小さいものでもこうやって皮を剥いて刺身にします。

白キス

地域によってクレゾールのような薬品臭いものがありますのでそういうものは確認して避けましょう。

おろすのが大変ですが刺身にしないと利益が残らないのでせっせとおろします。

中骨は気にならないのでこのまま刺身にします。

問題 No.4

思っている魚と少し違うかもしれません。これがわかれば結構ベテランの域に達している方と思います。手で皮を剥いた方がキレイに向けます。

〔ヒント〕

夏のイメージが強い魚です。

若干マイナーな魚ですが水産加工品としてもよく使われる魚です。

ウルメイワシ

たまにしか入荷しませんが、刺身がおいしい魚です。

中骨は気にならないのでこのまま刺身にします。

問題 No.5

フクラギに似ていますがフクラギではありません。これをいってしまうとすぐわかるとおもいます。

ただ、魚屋さんは身を見ただけわかるようにならないといけないです。

〔ヒント〕

これも夏においしくなる魚です。

何と言えない色合いと味が特徴です。

サシが入るのがたまにキズで1箱のうち1尾は使えないということが多い魚です。

解答はこちらへ

問題 No.6

生と冷凍解凍物が流通します。写真は生ですね。生と冷凍解凍はプロならチャンと見分けがつかないといけません。滲み出るのが脂か水分で区別します。

〔ヒント〕

春に入荷が多い魚です。

大型になる魚ですが相場でいうと非常に安価な魚です。

ただ、生の身はもっちりとしておいしいです。

解答はこちらへ

問題 No.7

魚屋さんはこの身をみただけで何の魚かわからないといけません。

〔ヒント〕

冬の代表的な魚です。鍋だけでなく昆布じめでの需要が多いです。

この魚は刺身にしても水っぽいのであまりおいしくありませんが、昆布締めにすると非常においしくなる魚です。

バター焼き、ムニエルで提案するときも皮を剥きます。

解答はこちらへ

問題 No.8

おそらく、魚屋さんは身を見ただけで何の魚かわかるでしょう。少なくとも中堅レベルの人はわかると思います。

〔ヒント〕

釣り人に人気の魚です。

基本的には刺身をオススメしていませんが、ハマどころなどの地域では刺身にして食べる習慣があるところがあるようです。

大型のエイリアンみたいな顔をしているといえばすぐわかるでしょう!

切身にするとき、皮をつけて切るよりこうやって皮を剥いてから切身にした方が売れるような気がします。

解答はこちらへ

問題 No.9

ちょっと難しい白身魚ですが模様に特徴あるのでわかる人にはわかると思います。

一般の方でこの写真を見てわかったらそこそこの魚通といえるでしょう。

〔ヒント〕

羽のような胸びれを持った魚です。海底を足で歩くような姿がよく見たりすることがあると思います。

見た目と違って繊細なおいしさがある魚だと思います。

身はシコシコして固くおいしいし、煮付けをしても煮凝りができておいしいです。

解答はこちらへ

問題 No.10

この魚は特に品物の良い魚でした。普段はここまで赤くないです。

ある程度ベテランならわかると思います。

〔ヒント〕

カツオではありません。

皮が薄いためおろし方をうまくしないと途中で切れて四苦八苦します。

メジマグロ

本マグロの幼魚です。

カツオが縦スジなのに対してメジマグロはスジが横に入っているのでヨコワと呼ばれることもあいrlます。

番外編

写真があまったので紹介しておきます。

ちょっと難しいので参考までに見ておいく程度でいいです。

番外編 No.1

画像が悪くてすみません。超レア画像なので話のネタに載せておきます。

画像を見ただけではおそらく誰もわからないでしょう。

〔ヒント〕

淡水の魚です。

この魚を酢味噌につけて食べるという土地があるようです。

正直、リッキーは食べたいと思いませんが食べている人もいるので一応こんなのあるんだということで紹介しておきます。

冬になると大きな個体で入荷してきて先輩がおろすのですがちょっとビビってみていました。

寒ブナ

もちろん、養殖物です。

昔、流通事情が悪い時の名残でしょうか。

番外編 No.2

この魚は中央の中骨の上あたりに寄生虫がいることがあるので注意が必要です。

解答はこちらへ

番外編 No.3

幼魚はシマがありますが成魚になるとシマがなくなります。

解答はこちらへ

番外編 No.4

赤い色をした針のような細長い魚です。

解答はこちらへ

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか。

ちょっとマニアックなものも多かったですが、もちろんリッキーはこれらを見ただけで区別できます。

そこまでいかなくても魚通といわれるためにはある程度わかっておきたいですね。

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA