石鯛 5月の魚介類 







<和名>

(イシダイ)

<別称・地方名>

シマダイの成魚

<分類>

スズキ目イシダイ科

<主な産地>

全国各地

<流通状態>

鮮魚

<用途・食べ方>

刺身、寿司、塩焼き、煮付け、ムニエル、フライ どんな料理も可能

<オススメ料理法>

刺身、味噌汁

<価格帯 − 通常小売価格(税抜き)>

100gあたり180円が中心

<基本情報>

  • 釣り人には人気の魚
  • 小さい時は熱帯魚のようなしまだい
  • クチバシでの殻を割る

<知っ得っ!情報>」

  •  高級割烹や日本料理店レベルで扱う魚
  • 身がしっかりした白身なので美味しい

<セールスポイント>  

  •  中くらいのサイズが狙い目
  • たまに相場が下がるのでその時だけ仕入れる

<魚屋の本音>

  •  磯臭さが強い魚というイメージ
  • 必ず買っていく根強いファンがいる
  • 小さなサイズ(しまだい)は味噌汁とか濃い味つけにしたほうが良い
  • 成魚になると磯臭さも抜け刺身にしても美味しい
  • 仕入れたいけど高いので普段はなかなか手が出せない。
  • ぬめりがあるので扱いにくい
  • あんまり触りたくない
  • タイと比べると身の薄い魚
  • この魚が売れるようになると店の信頼も上がったということ

<ギャラリー>  

追加情報あればは都度更新します。

参考記事 自分でさばいて刺身にしたい北陸の魚7選 5月下旬編

参考記事 なぜコープおおぬかの魚が絶大に支持されてこれだけ近隣の人たちを惹きつけるのか?魚が売れるのにはわけがある!

参考記事 いか刺しの美味しさと恐怖 〜アニサキス被害を防ごう!画像付き

参考記事 さんまの刺身の美味しさと恐怖 〜アニサキス被害を防ごう!第2弾 画像付き

参考記事 刺身にできる5つの条件自分で魚をさばくとき

参考記事 魚をさばく主婦にオススメな包丁がこれ!使いやすくて重くない洋包丁「藤寅作」

商品紹介

主婦が包丁選びに迷ったらこれ! 洋包丁17cm藤寅作







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA