\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

天然すずき クセのないあっさりした味わい 意外と料理方法の多い夏旬魚







釣り好きの方にはお馴染みのシーバス=天然すずきです。

天然と付けるのは養殖物があるからですね。

この天然すずき獲れる場所によって臭いがするものがあってこれを経験した人はすずきが苦手という人も多い魚です。

そのせいもあってか仕入値は他の白身魚から見ると比較的お安めです。

リッキー

このスズキを丸のまま売っているところがすくないんですよ!

ただ、この天然すずきはいろんな料理ができるので料理好きには重宝する魚の一つといえます。

天然すずきの基本情報

分類 スズキ目スズキ科スズキ属                
名称スズキ
別名・地方名鱸 出世魚 セイゴ → フッコ、ハネ → スズキ 
英語名Japanese sea bass
学名Leteolabrax japonicus(Cuvier et Valenciennes,1828)
分布海水域、河口域
主な漁法刺網漁、定置網漁。
備考・大きくなるにつれ名前が変わる出世魚
・近種の平スズキも流通する。

どんな魚?

1m以上にもなる大型の魚です。

獰猛で小魚を追いかけて大きな口で飲み込んでしまいます。

ルアー釣りで人気の魚です。

結構下流の方まで泳いでいったりします。

身焼け、シラタ

上が通常の身質。下がいわゆる身焼け、シラタ

天然スズキは水揚げ時に暴れたりします。

そうすると身の温度が上がり変質してしまうことがあります。

そのようなものは身がフニャフニャになったり白くなったりします。

いわゆる身焼け、シラタといわれる状態です。

結構多いので買うときはしっかり吟味する必要があります。

身が焼けているものは体を指で押すと弾力ないのでそういうものは避けましょう。

おいしい食べ方は?

、バター焼き、ムニエル、フライ、、昆布締めなどいろんな料理に使われる。

身はクセもなくあっさり食べられるのが特徴。

リッキー

夏場の脂ののった天然スズキの身は本当に美味しそうです。

塩焼きも普通に美味しいです。

下の写真はスズキの頭を豪快に塩焼きにしたものです。

もちろん身を塩焼きにしてもよいです。

その時は骨付きでやったほうが身が縮まなくてよいでしょう。

どうやって買う?

対面販売があるお店でないと丸物置いてないかもしれません。

魚で評判の店なら

皮を剥いて刺身用で販売している店もあります。

どうやって売る?

この天然スズキけっこう相場安い時があります。

そういう時に仕入れるのがいいと思います。

やはり魚屋であればこのスズキを扱いたいです。

というのも大手スーパーなどではなかなか扱えないからです。

これを置いてあるだけで差別化になります。

安い時だけでもいいので大量に陳列してみてください。

1尾ずつ得るものではないですよ。

ただ、身が焼けたりするものも混じったりするのでよく吟味して買わないいけないという意味で仕入れるのが難しい魚といえます。

最後に

白身でありながら脂ののったスズキの美味しさは格別です。

当たり外れも多いので買うときにはちょっと注意が必要です。

わからない時は店員さんに聞いてみるのも大事です。

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA