活どじょう 夏の魚介類







活どじょうは夏になるとお魚コーナーに置かれることが多くなります。

生体なので取り扱いが難しく最近ではこの活どじょうを置いてあるお店も少なくなりました。

ただ、可能であれば置いてほしいです。

基本情報

分類

コイ目ドジョウ科ドジョウ属

名称

ドジョウ

別名、地方名、漢字名

泥鰌、鰌、鯲

英語名

weather loach, weatherfish

学名

Misgurnus anguillicaudatus( Cantor,1842)

分布

淡水

備考

金沢ではどじょうの蒲焼きという独特な食習慣がある。

美味しい食べ方

基本的な料理方法

柳川鍋、どじょう鍋、唐揚げ、蒲焼き

こうやって売ろう!

買い付けのポイント

どじょうは活きのよいものを選びましょう。

市場で生かしているものもあるのですぐ死んでしまうものがあるので注意が必要。

商品の特性・位置付け

対面でグラム売りするのが一般的だが、既にパックしたりする店もある。その場合はすぐ使わないといけない。

柳川鍋でおすすめするより唐揚げでおおすすめした方が売りやすい。

売り手のぶっちゃけ話

どじょうを売るのはいいが生きている限り毎日の水換えが必須なので管理が大変。

死んだ個体は上に浮いているので手ですくって捨てる。

たまに死んだフリをする個体もいる

死んでいるかどうかは固くなっているかどうかで判断する。

どじょうの写真

情報入り次第追加していきます。

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

トップページへ







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA