久しぶりに金八鯛をおろしました!







金沢で金八の名前で流通している魚。

別名 金時鯛、南洋キンメともいいます。鯛とついていますが鯛とは別の種類です。

鮮やかな赤色は非常に目を引きますが、どちらかというとB級魚扱いになるのでしょうか?

太平洋側で有名な金目鯛と比べても市場価値は低く見られる傾向があります。

身の方はというと、こんな感じです。

この金八鯛なんでB級かというと金目鯛と比べると脂のノリが薄いかな。赤い色もこの金八はきれいな赤でしたが通常はもっと色落ちしたものも多いというのもあると思います。

私は正直あまり好きでありません。なんでかというと皮目に虫がいるときがあるからです。ある程度大きなサイズは大丈夫でしょうが小さいサイズになると良くついています。あと鱗が細かくて硬く取りにくいので嫌いです。煮付けにしたときに口に残る感じがあるのでアラはまず煮付けにしません。お客さんにもおすすめしません。

ただ身がしっかりしたものは刺身にしてもプリプリして美味しいのでたまに使います。きれいな色をしているので見た目の美味しさは感じられると思います。

小さなサイズはやはり開いて干したりするのもいいですね。結構高い値段で売っています。個人的には煮付けにして甘辛く炊いたほうが美味しいと思います。

魚介類一覧へ戻る

トップページへ







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA