茶ばちめ(メバル) みるからに塩焼きが美味しそうな魚 秋冬の魚介類







最近めっきり茶ばちめの姿を見なくなったような気がします。

色は黒っぽくて地味ですがよくみると魚らしいというか結構かっこいい魚です。

柳ばちめと並んでメバルの代表魚です。

リッキー

刺身にもしますが塩焼きが美味しそうな魚です。

黒い色が中心ですが中には金色に輝く色をしてる茶ばちめがいます。普通の茶ばちめと区別して金ばちめと読んだりしています。

基本情報

分類 スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属                
名称茶ばちめ
別名・地方名金ばちめ、
英語名Brown rockfish
学名Sebastes ventricousus (Temminck and Schlegel,1843)
分布海水魚 日本海に多い
主な漁法釣り、刺網、底曳網
備考・黒そいばちめに似てますが違う魚です。
・胸ビレの骨の数でシロメバル、クロメバル、アカメバルあるようだが通常は区別しない。

どんな魚?

のど黒・甘鯛より安くて柳ばちめ(ウスメバル)と同じくらいの値段。

釣りでも人気の魚。

リッキー

知っている人は必ず買っていってくれる魚ですが最近特に入荷少なかったので馴染みない人も増えているかもです。

おいしい食べ方は?

どんな料理にしてもおいしい魚です。

一般的には塩焼きをすることが多いようです。

刺身にする人も多いです。

料理屋さんでも定番メニューにするような魚ではないです。

どうやって買う?

・扱う店は少ないと思います。

・魚が得意な地元のスーパーや市場風店舗にたまに並ぶといった感じです。

・この魚を目的に買いに行くというよりはちめを買いに行ってたまたま見つけたら買うという方が良いでしょう。

どうやって売る?

・仕入値はk1,300円くらいに落ちてくれると買える魚です。

・最近はそこまで下がることが少ないので買えませんがナギが続けば仕入れられるチャンスといった感じです。

・お店に並ぶはちめ(メバル)の中でもファンの多い魚ですが一般的ではないので若干うりくいかもしれません。

最後に

茶ばちめはその姿風格からして仕入担当からしてもちょっと一目置かれる存在と言えます。

この魚を扱えるとカッコイイとか何気にあります。

とはいってもそこまで高いわけでなくちょっとマニアックな魚の一つと言ってもいいかもしれません。

ただ、黒めの地味な色で損をしているかもしれません。

これで赤い色をしていたら高価なものになりますので庶民にとってはこれはこれでいいのかもしれません。

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

<終わり>

トップページへ







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA