白そいばちめ 無名の地方選手でありながら実はメジャー級のおいしさ 輪島の底曳魚







この魚はリッキーが金沢に来て一番おいしいなと思った魚です!

ただ、輪島以外の人には馴染みがないので知っている人だけにおすすめしています。

リッキー

知られていないということは相場も安く仕入れられるということなんです!

この白そいばちめはメバルの仲間で刺身、寿司、焼魚、煮魚、鍋、お汁、フライ、ソテーどんな料理でもおいしいです。特にリッキーはこの魚のあら汁(潮汁)を小ネギを散らして食べた時は小躍りして感動したくらいです!・・・嘘です。小躍りまでしてませんでした。冷汗

基本情報

分類 目科属                
名称シロソイバチメ
別名・地方名
英語名white rockfish ※地方色が強くいろんな種類があって特定できません
学名(,) はっきり特定してから掲載します。
分布海水魚 輪島周辺の能登沖
主な漁法底曳網漁 刺し網漁
備考・輪島

どんな魚?

輪島の底曳網漁でわずか数だけあがりますがほとんど地元また金沢で消費され、他の土地で見ることはあまりないようです。

ハチメ()ピンクとパープルの間のような色合いです。

目が飛び出たりして非常にブサイクな顔をしているのが特徴です。

でもリッキーにはとても美人に見えます。(笑)

おいしい食べ方は?

見た目をみるとおいしそうではないのですが私実は脱いだらすごいんです!って感じですか。笑笑

刺身&寿司

刺身・寿司は絶品です。そんなそれでいて他の高級魚よりは気持ち安い感じです。

リッキー

リッキーが家で切った刺身です。嫁さんは身が固い、固いといって喜んでいました。

ソテー・バター焼き・ポワレ

焼いてもおいしいと思います。

ただ、なかなか大きなサイズは高いのでする機会は少ないです。

フライ・天ぷら

揚げてもおそらくおいしいです。

これもなかなか食べる機会がないです。

天ぷらは想像しただけでよだれが出てしまいそうです。謝

鍋・お汁・アクアパッサッア


潮汁は天国に登る気分になる程おいしいです。

もちろん、味噌汁にしても鍋にしてもよいです。

アクアパッツアにしたら最高においしいでしょうね。

なんといっても骨からよい出汁がでます。一口すするとすぐわかります!

どうやって買う?

・形が不揃いなことが多いのでこんな風にパックして売られています。

・グラム売りが多いです。

・値段は安い時は小さなサイズでg 78円です。中小サイズでもg128円が普通の値段だと思います。高い時にはg198円くらいまでします。

・大きなサイズは主に刺身寿司用なのでそれないに高くなります。

どうやって売る?

・800gupの大きめサイズは1尾1,000円以上すると思います。

・なかなか水揚げ量が少ないので仕入れも難しいです。というか小さいサイズ安ければリッキーがほとんど買い付けるます。

・刺身用の大きな魚は小売りしてもなかなか売りにくいです。

・小さいサイズはナギが続くと結構値下がりする。その時が狙い目。

最後に

リッキーがこよなく愛する輪島の魚です。

仕入れるのも好きですが食べるも好きです。なかなかありつけないです。

なので特別な思い入れがあります。

この白そいばちめを見る度昔言われた「○○は3日であきるけど…。」のフレーズを思い出します。

似た仲間に柳ばちめ(ウスメバル)もいますがこちらは華やかな衣装が似合う別嬪さんですもんね。

大量にあるリッキー写真リストになぜかこの白そいばちめの写真がないのは偶然でしょうか。

いずれにせよこの魚見かけたら食べてみたくださいね!

できたらお汁・おすまし汁が最高です。

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

<終わり>

トップページへ







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA