金沢北陸の魚屋・スーパーに並ぶカレイ(生)の全種類まとめてみました!【全10種類】







日本海ではとても水揚げされる魚の魚種が多いと言われています。

その象徴的なものがカレイの種類です。

金沢の鮮魚店や地元のスーパーでも常時5種類のカレイが売場に並んでいたりします。

なんでそんなにカレイの種類が必要なのと思われるかもしれませんが、これだけ水揚げされるということなのですね。

別に選んでいるわけではありません。

これだけ獲れて当たり前のように入荷するのです。

それだけ日本海の魚の種類は多いということでそれが地元で消費されるということです。

そして昔からの食習慣なのでしょうか金沢の人はカレイを本当によく食べます。

またこの5種類のカレイの食べ方も少しづつ違っているようです。

他の土地の人から見たらちょっと考えられないことだと思います。

もう一ついうなら金沢北陸では冷凍のカレイは売れません。

卵をたっぷり持った冷凍解凍の浅羽がれいとか魅力あると思います。

煮付けにしたおいしいですよね。

関東では当たり前のように売っているのでリッキーもチャレンジして売ってみましたが完敗でした。

理由はわかりますね。新鮮なカレイが獲れるのになんで冷凍解凍が必要なのということなわけです。

ただこのカレイはカニや海老のように派手なものでないのでホテル・レストランなども広告を入れてお客さんを呼ぶというものでもないのです。

またこういったローカル色強い話はなかなか記事にされにくいということで県外の人には知られていないのです。

ただ、魚を売る側としては常時5種類のカレイが並ぶ売場というのはどんなものなのだろうかという好奇心もあるわけで、魚好きの人にとってもそのカレイの使い分けどうするんだろう?とか興味があるのです。

そんなことから今回はこのカレイのことについてまとめてみましたので参考にしてみてください。

写真やより詳細情報必要な方はこのサイト内の別ページにリンクしてあるのでクリックしてそちらをご覧くださいね。

金沢北陸の魚屋さんに並ぶカレイの全種類

基本5種類のカレイ
その他のカレイ
  • あわてがれい(ソウハチガレイ)
  • だるまがれい(ババがレイ・ナメタガレイ)・・・加賀橋立方面
  • すずめがれい(チュンチュン・メイタガレイ)・・・加賀橋立方面
  • 白がれい・・・七尾方面
  • ねじらがれい(シタビラメ・ウシノシタ)・・・夏期

こうやってみるとすごい数ですね。

主に底曳網漁で獲れるということで9月から6月の間シケがなくて天気のいい日になるとこれだけの魚が並ぶわけです。

もちろん全部並べるところは少ないでしょうが市場ではこれだけのカレイを扱うのです。

近江町市場、いきいき市場、魚屋、地元のスーパーに行くと買えます。ナショナルチェーン店などでは種類を限定しているようです。

特に金沢の地元のスーパーではニュー三久、コープおおぬか、プラント3あたりがカレイの種類多いのでおすすめです。

それぞれのカレイの特徴

それぞれのカレイの特徴を一覧にしてみました。

名称値段入荷量特徴
笹がれい高い少ない薄いカレイの女王                     
すがれい普通普通普通通が好むカレイ
口細がれい普通多い厚い大衆魚
赤がれい普通多い普通焼魚が人気 新潟・東北では煮付魚
なめたがれい安い普通薄いコラーゲン 若干にニオイあり
あわてがれい安い多い普通独特な匂いが嫌われる 干すと消えるという
だるまがれい安い少ない厚い大型になる 新潟・東北に行くと高級魚
すずめがれい安い少ない厚い菱形をしたカレイ 北陸では人気がない
白がれい普通少ない普通七尾では刺身で使うとのこと
ねじらがれい普通普通普通夏に底曳魚がないときに重宝するカレイ

名称をクリックすると詳細また画像が見ることができます。このサイト(さかなのさ)の個別詳細ページに飛びます。

カレイのおいしい時期

特に3月ごろの子持ちのカレイはおいしさ倍ですからおすすめです。

ただ卵を持つということは身の栄養が全部卵にいくということなので身が痩せてブヨブヨになってるものも多いです。

身をおいしく食べたいということなら9〜11月くらいが身がしっかりしておいしいものです。

煮付けにおすすめのカレイ

基本的に全カレイ煮付けにしておいしいです。

ただ、あわてがれい(宗八がれい)だけは臭いが強く個人的におすすめしません。

ポイントとしては、

身が緻密細やかかバラッと荒いかだと思います。

身が緻密で細かいカレイ ・・・笹がれいすがれい

身がバラっと荒いカレイ ・・・赤がれい

赤がれいは身離れがいいというか煮崩れしやすいということは料理が難しいということです。

火を強くし過ぎず、みりんなどでしっかり身を固めような料理するのがコツです。

塩焼きにおすすめのカレイ

基本的にどのカレイも干物にしたり焼いて食べてもおいしいです。

特におすすめなのが赤がれいです。

振り塩で焼いても一夜干しで焼いてもおいしいです。

すがれいなめたがれいは独特の匂いを発することがあるのであまり塩焼きより煮付けがおすすめです。

唐揚げにおすすめのカレイ

唐揚げもどのカレイも美味しいと思う。

むしろ小さいサイズを唐揚げと考えたほうがいいかもしれないです。

そして食べやすさを考えると骨がゴツくない笹がれいなめたがれいがおすすめ。

すがれいの小さいサイズもよく唐揚げにされる。

他のカレイは骨が硬いので飾り包丁を入れる必要がある。

まとめ

一くくりにカレイといってもそれぞれ特徴・個性がありますね。

金沢北陸のカレイ事情はなかなかなものですね。

これだけの種類と用途があるわけですから外国産の冷凍のかれいの出る幕がないです。

ただ残念なのは、

家庭料理の代表選手ということもあってなかなかおいしい煮付けを食べさせてくれる料理屋さんが少ないです。

刺身とか焼き魚はたくさんあるのですが居酒屋のメニューにも煮付けはあんまりのってないですね。

高級な寿司屋さんとかに行ったほうが食べられるのでしょうが…。

とはいっても駅前の全国チェーン店の居酒屋でカレイ煮付けを選択すると残念な結果に終わるでしょう。

地元の味食べたいですもんね!

まめにおいしい煮付けの食べられる店紹介していきますね。

<終わり>

トップページ







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA