\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

トビウオ アゴとも呼ばれ加工品としても需要の高い初夏魚




6月頃になるとトビウオの入荷が増えてきます。

アゴとも呼ばれ加工品としても需要が高いですがここでは生鮮魚としてみていくことにします。

お店の立場でいうとこのトビウオ作業行程が最も多い魚になるのでなかなか手間がかかる魚の一つといえます。

ただ、安くて儲かるということでそれなりに必死におろしたりするわけです。

基本的にフライや塩焼き用として需要が高いお魚です。

リッキー

三枚おろしをしないと数売れないのかな。

お刺身もおいしいですが難点は身に特有の寄生虫がいる点です。

時期や地域によってということですがこの辺も含めて解説してみたいと思います。

Sponsored Links

トビウオの基本情報

 ダツ目トビウオ科ハマトビウオ属                
名称トビウオ
別名・地方名アゴ
英語名Japanese flyingfish
学名Cypselurus agoo (Temminck and Schlegel, 1846)
分布海水魚
主な漁法刺網漁、巻網漁、定置網漁
備考・トビウオの種類がたくさんあり見分けがつかない
・角トビ、丸トビで区別すればよい
・あご出汁はとび煮干しからとった出汁のこと
・卵も加工され「とびっ子」として子供に人気。

トビウオはどんな魚?

長い羽根が特徴で、実際敵にお掛けられる時には海面を飛んで逃げる。

食用になるトビウオはハマトビウオ、ツクシトビウオ、マルトビウオ、トビウオの四種類。

ただ流通上は全てトビウオとされてはっきり区別されない。

刺身用は角トビ、フライ用は丸トビというくらい認識しかない。

ハマトビウオが大型で頭が角ばっているので角トビと呼ばれる。

トビウオはハマトビウオについて大型になる。

ツクシトビウオ、マルトビウオは丸トビになると思われる。

トビウオの寄生虫

上の写真のような黄色虫が結構な頻度で入ります。

特に丸トビが多いです。

三枚おろしにした時点で判断できます。

三枚おろしにして大丈夫と思っても皮をひくとこんな感じになります。

皮目全体に黄色くなっているところが寄生虫です。

こうなるともう使いようがないので廃棄にします。

トビウオのおいしい食べ方は?

刺身もおいしいですが角トビしか刺身にしません。

丸トビも初夏の早い時期には刺身にすることもありますが暑くなるにつれて寄生虫の数が増えるので基本加熱用三枚おろしにします。

まあ、加熱すれば寄生虫がいても問題はないということですが感覚的にはちょっと引いてしまいそうな話です。

ただ、昔からそうやって食べてきたこともあるのでそこは不問に伏したいと思います。

それを言ったら魚だけでなく肉野菜についても全て食べれなくなってしまいますので。

とはいえ、トビウオのフライはおいしいものです。

あとは塩焼きで食べることが多いと思います。

くさやの原料

トビウオは八丈島・新島の名物「くさや」の原料でもあります。

匂いが強烈なので有名ですが焼くと本当においしいと思いました。

参考までにネット商品を載せておきます。

トビウオの卵はとびっ子に

トビウオの卵は生珍味などの加工品でよく使われます。

代表的なものがとびっ子で回転寿司やお魚屋さんのお寿司で人気です。

こちらも参考までに紹介しておきます。

メーカーでいうとカネ徳さんが有名です。

どうやって買う?

6月に入るとお店にトビウオの三枚おろしが並びます。

丸の状態でパックされる店もあると思います。

地域によっては朝どれで入荷したりします。

どうやって売る?

仕入値は非常に安い魚です。

k500円以下でしょう。それ以上の時は仕入れないことです。

あとは頑張って三枚おろしできるかにかかります。

丸物で売ってもいいですが結局動きにくいので加工した方がよいかもしれません。

刺身にするのは春先の角トビです。

丸トビが安いからといって皮を剥いて刺身用にしようと思っても寄生虫がいて結局使えないということになるので暑くなったらもう加熱用として割り切りましょう。

最後に

トビウオは正直利益商材です。

ただ、加工に回せる人的余裕がないと利益どころでなくなってしまいます。

魚も少なくなる時期なのでそのくらいの余裕は捻出したいものです。

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA