\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

するめいか(マイカ)どんな料理がオススメ? 日本で最も人気のイカはこれ!







イカの中で最も人気なのがこのするめいか(マイカ)です。

結論からいうとするめいかは正直どんな料理にしても美味しいです。煮ても美味しいですし、焼いても、揚げても、刺身にしても美味しいイカです。

リッキー

このするめいかが近年水揚げ減っているのが少し心配です。

ただ、ここ何年かこのするめいかの水揚げが少なく市場の相場も非常に高いものとなり魚屋さんやスーパーの店頭に並ぶことも少なくなったようです。

いろんな料理があります詳しく見ていきましょう!

するめいかの基本情報

分類 ツツイカ目アカイカ科スルメイカ亜科スルメイカ属                
名称するめいか
別名・地方名マイカ
英語名Japanese Flying Squid
Pacific Flying Squid
学名Tedarodes pacificus(Steenstrup,1890)
分布日本列島沿岸を中心とした北太平洋海域
主な漁法釣り、底曳網漁
備考・イカの代表選手

するめいかはどんな魚?

寿命は1年。春に小さいサイズが秋口に向かって大きくなる。

小さいと柔らかい。大きくなると身が厚くなって固くなる。冬場は肝が大きくなる。

https://sakananosa.com/processing-/how-to-buy-fish/surumeika-size/

するめいか(生)の値段は一箱の入数で決まる!

するめいか産地や漁港で異なる場合がありますが、箱の入数で大きさが分けられます。

一般には次のような入数になります。

入数大きさ特徴
バラ不揃い値段が安い。色がマダラになったりするので価格訴求品
40入通常流通する中で一番小さなサイズ。柔らかく、天ぷらなどで重宝します。
30入普通少し小粒。春先の基本はこれ。100円が魅力的。柔らか目煮付けによい。
25入やや大若干大きい。秋口の基本はこれ。平均して130円前後 塩辛
20入確かに大きいなという大きさ。高値になり勝ち。肉厚。刺身・塩辛によい

するめいかをどうやって買う?

昔のように1パイ100円というのはなかなかないですね。

最近では298円でも驚かなくなりました。

するめいかをどうやって売る?

バラ売りよりパックの方が売上は稼げるようです。

ただ、対面がある店ではやっぱり1パイから買えるバラ売りは必須だと思います。

朝どれを効果的に活用する

やはりいかは鮮度が重要なのでより鮮度感の出る朝どれは非常に売上上げる手段としては効果抜群です。

するめいかのおいしい食べ方は?

、天ぷら、フライ、唐揚げ、塩焼き、鉄板焼き、ぬた、刺身、寿司など、どんな料理にもできる。

リッキー

するめいかは料理の万能選手です。基本的な料理が美味しいというのはわかりましたがもっといろんな料理が知りたいですね。

一般的な料理このような感じです。

ここはいろんなレシピ等が充実しているのでそちらの方を参考にして下さい。

以外は次の項目に載せて置きます。

するめいかの料理いろいろ 〜さかなのさオススメ!

するめいかの一般的な料理はみなさんも想像つくと思います。

ここでは魚屋ならではの料理を紹介したいと思います。

するめいか入り焼きそば(香ばしエビ風味)

まず、おすすめはするめいか入りの焼きそば。

これは誰もが美味しいといってくれる鉄板メニューです。

用意するのはするめいかと干しあみえびとごま油のみ。

これだけで美味しい焼きそばが作れます。

詳しくは別記事にてご案内します。

するめいかの糸造り刺身

するめいかを細く切って刺身にするとまた美味しいですね。夏に特にオススメな食べ方です。

独特な甘味とねっとり感がするめいか刺身の美味しさの特徴ですね。

するめいかを細く切るのはわけがあります。アニサキス対策です。

アニサキスについてはこの記事の方が詳しいのでこちらを参考にして下さい。

するめいかの塩辛

秋冬の大きめのスルメイカを使うのがオススメです。

肝が大きくなるからです。

こちらもアニサキスの問題があるので一度冷凍かけたほうがいいでしょう。

するめいかの一夜干し

簡単にできてよりするめいかの美味しさを堪能できます。

ポイントは甘塩(塩分約3%)で仕上げるのが美味しいと思います。

するめいかのワタ焼き

これは肝と一緒にホイル焼きするのが一般的です。

個人的にはこれが一番するめいかの美味しさを堪能できると思います。

するめいかの昆布〆

先日このするめいかの試作品を食べる機会がありました。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

するめいかの刺身になる限界は? 鮮度基準

するめいかはアニサキスの問題があるので刺身にすることは少ないかもしれませんが対策をしっかりとれば刺身も美味しいものです。

ただ、そもそも鮮度が悪いイカはやめた方がいいわけですが鮮度悪い状態って実際どんな感じということですね。

いか全体が白くなっているものは鮮度が悪いとわかります。

ただ、マダラに白くなっている場合刺身にできるかどうか迷うときがあります。

そもそも入荷した時点で鮮度が落ちている場合もあるからです。

鮮度いいに越したことはないですが数多くのするめいかを扱うと時に鮮度が微妙なものもあるので悩むわけです。

その時に判断基準をどうしたらいいでしょうか?

結論からいうと開いてみて判断するしかないようです。

上の写真はするめいかを刺身用に開いたものです。

いかの内側(内臓側)が赤茶色になっています。しかも全体が赤いです。

このレベルになるとさすがに刺身にはできません。

するめいかは水揚げから3、4日たつと赤茶色、茶褐色の色が身についてきます。

これはするめいかの肝など内臓の色素が身についてしまうということです。

1、2日くらいであれば身に色もつかず無色透明です。

したがってするめいかの場合は全体に赤茶色の色がついた場合は刺身にするのをやめないといけません。

船凍するめいか

このするめいかを船の上で冷凍した船凍するめいかも人気です。

能登小木港のものが有名です。

刺身になるほど鮮度がいいので非常に重宝します。

アニサキス被害の心配もないので近年この船凍するめいかの需要が高まっています。

ただ、この船凍するめいかの搬入もめっきり減って結構高値になっているようです。

最後に

するめいかはサーモンと同じくらいいろんな料理ができて美味しいものです。

春に柔らかい小さいサイズ、夏に最盛期、秋冬に大きいい塩辛ようのイカというのがするめいかの流れです。

これを覚えておくといろんな料理がさらに美味しくできると思います。

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA